menu skip

Jeonllabukdo

All menu

All menu

close

광고 및 홍보

  • テンプルステイ
  • 全北フェスティバル
  • 全州韓屋村
  • マシルギル
  • セマングムツアー

이전

다음

1 2 3 4 5

全北ニュース

第12回 世界書芸全北ビエンナーレ開催
null
深まる秋の日 墨の香りに魅せられた全羅北道   今年で12回を迎えた世界書芸全北ビエンナーレが10月12日から11月10日まで全羅北道・全州「韓国ソリ文化の殿堂」国際会議場にて開かれる。   ビエンナーレは「2年ごと」すなわち「隔年制」という意味のイタリア語から始まった言葉で、国際美術行事以外の書芸ビエンナーレとしては「世界書芸全北ビエンナーレ」が最初となる。   今年のビエンナーレは、参加層の多様化と書道の実用と応用性を拡張し、地域社会への寄与活動にも重点を置いた。   これに伴い、ビエンナーレ招待作家の年齢層を大幅に下げて若い作家の機会を拡大し、専門書芸家はもちろんアマチュア書芸家、東・西洋の書芸家、海外僑胞(海外在住韓国人)の書芸家など多様な作品を展示する。   また、14市・郡の特産品や名勝地などの詩話を発掘して作品化し、広報することによって、観光産業との連係方案など地域経済の発展に寄与できるよう構成した。   お問い合わせ:文化芸術課 芸術支援チーム +82-63-280-3307
2022アジア太平洋マスターズ大会 全北誘致が確定
null
10月1日にスイス・ローザンヌ所在の「Olympic Museum」で大会誘致プレゼンテーションの発表と適格審査を経て、全羅北道が「2022アジア太平洋マスターズ」の開催地に確定した   全羅北道は、2022アジア太平洋マスターズ大会誘致の適格審査で、1番目に国際大会の開催経験と十分な施設、2番目に大韓民国の体験旅行1番地としての全北の魅力、3番目に2022全北アジア太平洋マスターズ大会に対する全羅北道民の支持、4番目に大韓民国政府の保証と全羅北道の開催意志の合計4種類を基準として、「2022年アジア太平洋マスターズ大会は必ず全北でなければならない」と大きくアピールし、全員一致で「2022年第2回アジア太平洋マスターズ大会の全北確定」を引き出した。   全北誘致確定を受け、文化体育観光部は『2022年アジア太平洋マスターズの全北開催は、現政府の国政課題である「すべての国民がスポーツを楽しむ活気に満ちた国を通じて、国民生活体育への参加率を2022年までに64.5%に改善」することに大きく寄与するであろう」と明らかにし、大韓体育会は『国家的に2032年南北共同オリンピック誘致への大きな力となれば』と期待感を表した。韓国観光公社は『大韓民国の観光産業発展と全羅北道の観光資源を世界に広く知らせることができるビッグイベントとなる、2022年の大会成功を積極支援する』と明らかにした。   2022全北アジア太平洋マスターズ大会は、「総費用現在価値が64億ウォン、総便益現在価値が225億ウォン、費用便益(B/C)比率が3.5」*で経済性の高い大会と認められており、メジャースポーツ大会の開催による生産・付加価値誘発効果が807億、就職・雇用効果が1,049人といった地域経済の波及効果を期待している。   全羅北道は開催地確定にともなうIMGAとの公式的な開催地署名式(全羅北道、‘19.11月)と文化体育観光部の認可を経て、2022全北アジア太平洋マスターズ大会(2022 JB-APMG)組織委員会の設立(‘20.2月)など大会開催のための本格的な日程に突入する計画となっている。 お問い合わせ:国際協力課 国際行事チーム +82-63-280-2812

더보기